ECO BLUE CHALLENGE

デニムの生産ではコットンの栽培、染色、加工と大量の水を使用する産業としてしばしば批判されることがあります。西江デニムはジーンズ製造業者としていかに地球環境に負荷をかけずにデニムの加工をすることができるのか考えてきました。日本のデニム加工の技術は世界中から評価されています。その技術を守りながら ECO な BLUE JEANS を作っていくことに、これまでもこれからもチャレンジしていきます。

西江デニムと水について

西江デニムの事業は水資源に支えられており、製品の生産などにおいて重要な役割を果たしています。西江デニムではデニムの洗い加工を開始した 1960年代から水の濾過処理施設を整備し、水をきれいにして自然に還すことで、地域の水にとってプラスになるようにしていました。2020 年から本社工場の濾過処理施設をパワーアップすることで、さらに徹底的に水を綺麗にします。リサイクル水をデニム加工に利用し、取水量の大幅削減を目指します。

WATER RECYCLING SYSTEM

西江デニムではデニムの洗い加工を初めた約 60 年前より、水のろ過を行い魚が住める程水を綺麗にしていました。2020 年より3次処理施設を整備し、リサイクル水を 100% 使用可能なレベルに引き上げています。飲料水試験も行い全ての項目で基準値をクリアしています。

加工工程での取組み

西江デニムでは最新のサスティナブルデニム加工機の設備を取り入れており、ゴミとなってしまう排出物を出さない取組みも行っています。この設備は海外の協力工場でも取り入れているため、どこの国で生産してもサスティナブルなデニムの製造が可能です。水のリサイクルのみで取水量が大幅に削減が可能となりますが、新しいテクノロジーも取り入れ、地球環境に優しいデニム加工を追求していきます。

ECO STONE

通常の軽石を模した樹脂で作られた軽石です。通常の軽石と違い削れていくことがないので排出物ゼロでストーンウォッシュを行うことができます。

OZONE WASH

オゾンの力でインディゴの色を脱色します。水と薬品の使用量を削減できます。

NANO BUBBLE WASH

大量の水で洗う変わりに、少量の水と少量の薬品をナノバブル状にして洗うので大幅な水と薬品の削減が可能です。柔軟やBio 洗いなどに対応できます。